誰も知らない。誰も見た事がない。だけど確かに存在する。キヌズBAR、キヌの日々。


2016/07/14

ジョーが帰ってきた。

昨日の晩、洗濯物を干そうと窓に近づくと壁にいた。


いや、帰ってきたというよりもただ僕が 目撃した だけで、ずっとこの部屋にいたのかもしれない。(今、机の下にジョーらしき物体を発見したので確認しにいくとコーヒー豆だった。手動のミルなのでよく飛び散る。)

ただ気がつかなかっただけなのかも知れない。


僕は頻繁に人に会いに行くようなタイプの人間ではないので、久しぶりに会った人や、町中ですれ違った知人などに「やあ、キヌ。レアだねえ。」と良く言われる。

僕からすれば、僕は別にレアじゃない。いつもこれだからだ。

あなた方が僕を、目撃しようがしまいが僕はいつだって存在している。(別に怒ってない。こういう書き方をすると 怒っている と勘違いする人がいるらしい。と最近気がついた。ただ、事実を述べただけだ。)


ちなみに僕の方はと言えば、久しぶりに知人や友人にあっても(僕は 一般的 に言うと知人、友人は少ない方ではないかと思われる。)全く 久しぶり という気はしない。

一応、口では「久しぶりだね。」とは言うけれど。




彗星は今も、宇宙空間を軌道に沿って移動している。


キヌズBAR日記

誰も知らない。誰も見た事がない。だけど確かに存在する。キヌズBAR、キヌの日々。

1コメント

  • 1000 / 1000

  • 一城

    2016.07.14 13:05

    (今読み返して、最後の唐突な一文にわろた。)